• HOME
  •  / 
  • NEW & TOPICS
  •  / 
  • 全身性強皮症の治療を考える会を開催します

2018一覧を見る

2018/10/03
 
全身性強皮症の治療を考える会を開催します
 

全身性強皮症の診療を考える会

日時:平成 30年 10月 9日(火) 18:50~20:50
場所:ホテルクラウンパレス浜松 3階「松の間」

プログラム
 <セッションⅠ>  19:00~20:00
   座長:浜松医科大学医学部附属病院 皮膚科 病院准教授 伊藤 泰介 先生 
      浜松医科大学医学部附属病院 免疫・リウマチ内科 講師 小川 法良 先生
 一般演題Ⅰ
  「 皮膚病変が伴いやすい種々の膠原病疾患への内科的アプローチ 」
聖隷浜松病院 膠原病リウマチ内科 部長 宮本 俊明 先生 

 一般演題Ⅱ
  「 膠原病に伴う肺高血圧症の治療法と期間におけるSLEとSScの対比 」
JCHO中京病院  膠原病リウマチセンター長 小寺 雅也 先生

  <セッションⅡ>  20:00~20:50
    座長:浜松医科大学 皮膚科学講座 教授 戸倉 新樹 先生
  特別講演
   「 全身性強皮症の早期診断 - 各臓器症状に対する適正治療 」
東京女子医科大学 膠原病リウマチ内科 臨床教授 川口 鎮司 先生

日本医師会生涯教育 1.5単位(CC:7:医療の質と安全、26:発疹、73:慢性疾患・複合疾患の管理)
後援:浜松市医師会