浜松医科大学 内科学第三講座 免疫・リウマチ内科浜松医科大学 内科学第三講座 免疫・リウマチ内科

ENTRY
—ABOUT US当科について
・科長からの挨拶
・スタッフ紹介
・業績
—TO MEDICAL STUDENTS医学生の方へ
・医学生の方へ
—TO RESIDENTS研修医の方へ
・研修医の方へ
・インタビュー 古川省吾 先生
—RELATED FACILITIES関連施設
—TO PATIENTS患者さん向け
—PRIVACY POLICY個人情報の取り扱い方針

業績 achievement

原著

1.Horiike Y, Suzuki Y, Fujisawa T, Yasui H, Karayama M, Hozumi H, Furuhashi K, Enomoto N, Nakamura Y, Inui N, Ogawa N, Suda T: Successful classification of macrophage-mannose receptor CD206 in severity of anti-MDA5antibody positive dermatomyositis associated ILD. Rheumatology 58(12):2143-2152,2019.

2.Takafumi Naito, Junya Ohshiro, Hikaru Sato, Eiji Torikai, Motohiro Suzuki, Noriyoshi Ogawa, Junichi Kawakami: Relationships between concomitant biologic DMARDs and prednisolone administration and blood tacrolimus exposure or serum CYP3A4/5-related markers in rheumatoid arthritis patients. Clinical Biochemistry 69:8-14,2019.

3.Ogawa N, Ohashi H, Ota Y, Kobori K, Suzuki M, Tsuboi S, Hayakawa M, Goto Y, Karahashi T, Kimoto O, Miyamoto T, Furukawa S, Shimoyama K, Suzuki D & Maekawa Y: Multicenter, observational clinical study of abatacept in Japanese patients with rheumatoid arthritis. Immunol Med 42(1):29-38,2019.

4.Takahiko Sugihara, Hitoshi Hasegawa, Haruhito A Uchida, Hajime Yoshifuji, Yoshiko Watanabe, Eisuke Amiya, Yasuhiro Maejima, Masanori Konishi, Yohko Murakawa, Noriyoshi Ogawa, Shunsuke Furuta, Yasuhiro Katsumata, Yoshinori Komagata, Taio Naniwa, Takahiro Okazaki, Yoshiya Tanaka, Tsutomu Takeuchi, Yoshikazu Nakaoka, Yoshihiro Arimura, Masayoshi Harigai, Mitsuaki Isobe, Japan Research Committee of the Ministry of Health, Labour, and Welfare for Intractable Vasculitis (JPVAS):Associated factors of poor treatment outcomes in patients with giant cell arteritis: clinical implication of large vessel lesions. Arthritis Res Ther 11(1):72,2020.

症例報告

1. 下山久美子、鈴木大介、小川法良 :巨細胞性動脈炎と鑑別を要した頭蓋底腫瘍の1例. 臨床リウマチ 27(2):129−134,2015

2. Seiya KITANO, Kazuki TATSUNO, Junichi ISHIBE, Takatoshi SHIMAUCHI, Toshiharu FUJIYAMA, Taisuke ITO, Noriyoshi OGAWA and Yoshiki TOKURA: Isolated Adrenocorticotropic Hormone De ciency in Melanoma Patients Treated with Nivolumab. Acta Derm Venereol 98(7):704-705,2018.

3. 小川法良、米澤春花、畠山真和、大久保悠介、古川省悟、山﨑賢士、下山久美子:トシリズマブ投与中に致死的壊死性筋膜炎を合併した関節リウマチの一例. 臨床リウマチ32(4):275-281,2020.

総説

1. 小川法良:シェーグレン症候群におけるインターフェロン関連分子の関与. 臨床免疫・アレルギー科 67(4):383-388,2017.

2. 小川法良:Journal Club. 分子リウマチ治療 11(3):51,2018.

3. 小川法良:第32回日本シェーグレン症候群患者の会 特別講演—シェーグレン症候群—最近のトピックス.  日本シェーグレン症候群患者の会 会報27(8):1-5,2018.

4. 小川法良:Journal Club. 分子リウマチ治療 12(3):50,2019.

5. 小川法良:関節リウマチ治療をめぐる話題 7. 関節リウマチのチーム医療に必要な環境. Prog. Med. 41(1):47-50,2021.

著書

1. 小川法良、大橋弘幸編:メトトレキサート使いこなし自由自在.南山堂、2012.

2. 小川法良、鈴木大介、下山久美子:あなたのギモンを解決する!つまずき症例から学ぶ関節リウマチ診療.南山堂:2-222,2016.

講演

1.小川法良:関節リウマチ診療におけるネットワーク化の意義 –Patient Reported Outcome(PRO)時代を迎えて-. 石川 関節リウマチの医療連携を考える会 金沢 2019年9月21日.

2.小川法良:実臨床におけるアバタセプトの有用性 –Mt.Fuji study 2年間の結果を踏まえて-. 東京 リウマチWEB セミナー 2019年10月15日.

3.小川法良:関節リウマチにおける治療成績向上を目指した集学的治療.(ランチョンセミナー3)名古屋 日本薬学会 東海支部 合同学術大会2019 2019年11月10日.

4.小川法良:セロネガティブ患者へのアプローチ 〜私の治療方針〜.三遠リウマチカンファレンス 豊橋 2020年1月11日.

5.小川法良:診療ガイドラインに基づいた関節リウマチの最新治療.浜松リウマチベーシックセミナー 浜松 2020年1月16日.

6.小川法良:ANCA関連血管炎のoverviewとEGPA. 浜松EGPAセミナー  浜松 2021年3月13日.

7.小川法良:リウマチ内科医が知っておくべきシェーグレン症候群.サラジェンWeb講演会 浜松 2021年3月19日.

診療実績

1.主要治療

生物学的製剤の使用 200
キャッスルマン病に対するアクテムラ治療 4
ベーチェット病に対するレミケード治療 8

2.主要疾患の治療実績

疾患名
関節リウマチ 200
全身性エリテマトーデス 130
シェーグレン症候群 100
全身性硬化症(強皮症) 70
ベーチェット病 30
皮膚筋炎/多発性筋炎 30
血管炎症候群 60
成人スチル病 15
抗リン脂質抗体症候群 10
混合性結合組織病 20